読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役者・赤座伴番ことハルの日常

演劇軍団ユニットCongrazieの赤座伴番ことハルの公式ブログ

Cngrazieブログこちらもどうぞ!!

5

twitterはこちら フォローして下さい!!

特に変わった事もないさっきと同じ光景に、俺は更に困惑する

・・・・

怪訝そうな顔の俺をよそに

「はい!到着です!!」
とエリスは得意気に言った。

はぁ!?ここ、さっきの公園じゃないか!?

「何、言ってるんですか?良く見てくださいよ!!さっきの場所とは違いますよ!」

だから、何が違・・・

言いかけて、俺は目を疑った。

確かに、ここはさっきいた公園だ。
ブランコも砂場も滑り台も配置も色も同じだ。

だが、何かが違う。
はしゃぐ子供、談笑する母親達。
・・・

え!?えぇ!?

「やっと気づきましたか?」
やれやれと言った笑顔を浮かべるエリス。

い、いや!だって・・・は、羽根!?

そう。違和感の正体は、背中に生えている羽根だ。
よく見ると、エリスの背中にも羽根が羽根が生えていた。

俺は慌てて、自分の背中を確かめようとした。

「大丈夫ですよ!貴方には生えてません!」

何が大丈夫なのか解らないが、ひとまず俺はホッとした。

「では、行きましょうか!」

い、行くって何処へ?

「私達の王様の所ですよ!」

そう言って彼女は、足早に歩きだした。

あ、おい!置いてくなよ!


俺はこの先、どうなるのだろうか・・・



※続く。ちゃんと続くったら。