読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役者・赤座伴番ことハルの日常

演劇軍団ユニットCongrazieの赤座伴番ことハルの公式ブログ

Cngrazieブログこちらもどうぞ!!

12

小説
twitterはこちら フォローして下さい!!

だから、体が痛いのか。


エリスの話を聞き、半笑で納得した俺。
しかし、まだ疑問はある。
俺のことを息子と呼んだ、大きい王様は誰なんだ?
本当に俺の父親なのか?
もしそうだとして、何で今まで黙ってた?

「もしもーし!おーい!」

耳元で叫ばれ、思考は途絶えた。

「なんですか?急に考え込んじゃってぇ??」
不思議そうな顔で覗き込むエリス。

いや、普通は考え込むだろ?この状況は!?

キョトンとした彼女を目を見て、俺は流れに身を任せることにした。
今考えてもわからないことが多いのだから、しばらくは様子を見た方がいいだろう。
そう自分に言い聞かせる。

王様は、今どこにいる?
「今は王の間におられると思いますけど・・・なんです?急に?」

いや、会わないと先に進まないだろ?

この少女は天然なのかなんなのか・・・

「じゃあ、行きましょうか!王もお会いしたがっていましたし」

天然ぽい少女は、あどけなく笑って扉を開けて行った・・・