読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役者・赤座伴番ことハルの日常

演劇軍団ユニットCongrazieの赤座伴番ことハルの公式ブログ

Cngrazieブログこちらもどうぞ!!

15

twitterはこちら フォローして下さい!!

「そういえば、お前の名前はなんだ?」

「名前?そんなのどうでもいいだろ!聞いてどうすんだよ!?」

少年は、前を歩く黒猫を睨みながら答えた。

「便宜上の問題だ。お前、お前と呼ぶのも不便じゃろ。」
「別に不便じゃないだろ!ったく、めんどくせぇ猫だな!」

「まぁ、よい。ならば我が名を付けよう・・・」

黒猫は、立ち止まりニヤリと少年を見た。

「・・・アモン。今からお前はアモンだ。」

黒猫の目が怪しく輝いた。

「わかりました。」

少年は虚ろな瞳になり、答えた。